ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
|四国・愛媛・あそびべ、とべ。 > 組織でさがす > 生活環境課 > 令和3年度野良猫(地域猫)対策支援事業のお知らせ

令和3年度野良猫(地域猫)対策支援事業のお知らせ

印刷用ページを表示する掲載日:2020年10月1日更新

愛媛県獣医師会では、今年度も地域猫の避妊手術などを無料で実施する支援事業の受付を10月から実施します。
地域猫の定着活動を行い支援を受けるときは、申し込み期間内に申込書を役場に提出してください。支援の審査は愛媛県獣医師会が行います。審査の結果、支援が受けられない場合もあります。

支援内容

愛媛県獣医師会が、地域猫に対し避妊手術を無料で実施。ただし、病院からノミ駆除の指示を受けた場合や妊娠が判明した際の処置、さらに術前検査等の実施を要望した場合には、自己負担となります。

支援対象活動

  • 地域住民の十分な理解のもとに実施できる活動であること
  • 避妊手術済みの猫の耳先へのV字カットが約束されていること
  • 地域猫の全てが把握できる飼育管理者が存在すること
  • ふんの始末などの周辺美化活動が定期的に行われていること

支援対象猫

生後6カ月以上のメスの野良猫

実施頭数

愛媛県下で約150頭

申込窓口

砥部町生活環境課

支援申込書は生活環境課窓口にもあります。

申込期間

10月1日(金曜日)から10月29日(金曜日)まで

なお、手術の実施期間は11月中旬からとなります。

支援申込手続きの流れ

  1. 地域猫の定着活動を行い愛媛県獣医師会の支援を受けようとするグループまたは個人は、支援申込書を生活環境課に提出してください。
  2. 支援申込書に書かれた活動内容を確認したのち、生活環境課から愛媛県獣医師会へ支援申込書を送付します。

地域猫・地域猫活動とは?

地域猫とは

地域の理解と協力を得て、地域住民の認知と合意が得られている、特定の飼い主のいない猫のこと。その地域にあった方法で、飼育管理者を明確にし、飼育する対象の猫を把握するとともに、餌やふん尿の管理、不妊去勢手術の徹底、周辺美化など地域のルールに基づいて適切に飼育管理し、これ以上数を増やさず、一代限りの生を全うさせる猫を指します。

地域猫活動とは

地域住民と飼い主のいない猫との共生を目指し、不妊去勢手術を行ったり、新しい飼い主を探して飼い猫にしていくことで、将来的に飼い主のいない猫をなくしていくことを目的としています。地域猫活動は、「猫」の問題ではなく「地域の環境問題」としてとらえ、地域計画として考えていく必要があります。

令和3年度野良猫(地域猫)対策支援事業に関するお問い合わせ先

公益社団法人愛媛県獣医師会
住所:〒790-0003松山市三番町6丁目1番地8アポロビル2階
電話番号:089-948-5367

詳しくは、公益社団法人愛媛県獣医師会ホームページ<外部サイト><外部リンク>をご覧ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)