ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 農林課 > 「人・農地プラン」

「人・農地プラン」

印刷用ページを表示する掲載日:2020年4月10日更新

農業を取り巻く環境は、農業従事者の高齢化や後継者不足、耕作放棄地の増加など「人と農地の問題」があり、5年後、10年後の展望が描けない状況にあります。このような中で、持続可能な力強い農業を実現させるためには、基本となる「人と農地の問題」を一体的に解決していく必要があります。
そのため、それぞれの集落や地域において十分な話し合いを行い、集落や地域が抱える「人と農地の問題」を解決するための「未来設計図」となるのが「人・農地プラン」です。

詳細はこちら
農林水産省ホームページ人・農地プラン(地域農業マスタープラン)について<外部サイト><外部リンク>

作成のメリット

「人・農地プラン」では、各地域の将来の農業の担い手(地域の中心となる経営体)を決めていきます。「人・農地プラン」の中で「地域の中心となる経営体」として位置づけられた場合には、メリットがあります。

農業次世代人材投資事業(経営開始型)

次世代を担う農業者となることを志向する者に対し、就農後の定着を図るため、経営が不安定な就農直後の所得を確保することを目的として、45歳未満の独立自営就農者に対し、年間150万円を最高5年間交付する制度です。

詳細はこちら
農林水産省ホームページ農業次世代人材投資資金<外部サイト><外部リンク>

スーパーL資金の金利負担軽減措置

(株)日本政策金融公庫が融役立てるスーパーL資金を借り入れる認定農業者の金利負担が、国の助成により貸付当初5年間軽減(実質無利子化)されます。

詳細はこちら
農林水産省ホームページスーパーL資金の金利負担軽減措置について<外部サイト><外部リンク>

経営体育成支援事業

地域の中心となる経営体が、経営発展等に取り組む際に必要となる農業用機械・施設の導入等の支援があります。

詳細はこちら
農林水産省ホームページ経営体育成支援について(外部リンク)<外部リンク>

公表

町人・農地プラン検討委員会において、町内全4地区の人・農地プランの審査・検討を行ったところ適当と認められましたので、農地中間管理事業の推進に関する法律(平成25年法律第101号)第26条第1項に基づく農業者等の協議が行われたので、同項の規定により次のとおり公表します。

麻生地区

麻生小学校区内にある全ての集落を範囲とする人・農地プランです。

詳細はこちら
麻生地区人・農地プラン [PDFファイル/101KB]

宮内地区

宮内小学校区内にある全ての集落を範囲とする人・農地プランです。

詳細はこちら
宮内地区人・農地プラン [PDFファイル/105KB]

砥部地区

砥部小学校区内にある全ての集落を範囲とする人・農地プランです。

詳細はこちら
砥部地区人・農地プラン [PDFファイル/106KB]

広田地区

広田地域内にある全ての集落を範囲とする人・農地プランです。

詳細はこちら
広田地区人・農地プラン [PDFファイル/104KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)