ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 映像ニュース > 秋の砥部焼まつり2019(撮影:令和元年11月2日)

秋の砥部焼まつり2019(撮影:令和元年11月2日)

印刷用ページを表示する掲載日:2019年11月11日更新

秋の砥部焼まつりトップ画像砥部焼まつり

動画の紹介

11月2日・3日、陶街道ゆとり公園で、「秋の砥部焼まつり」が行われ、2日間で52,000人が来場し、大勢の人でにぎわいました。
窯元73軒が並び、お客さんは窯元さんとの会話を楽しみながらお気に入りの器を選んでいました。
郷土芸能などのステージショーや絵付け体験、町産品販売のコーナーでは、子どもから大人まで楽しんでいました。

写真で紹介

ステージイベント

もちまきをしている写真子どもたちが獅子舞を披露している写真
子どもたちが和太鼓を演奏している写真砥部焼オークションで大皿を披露する砥部焼まつり大使の写真
岩谷口獅子舞保存会の獅子舞の写真

ステージではもちまきや郷土芸能の披露などさまざまなイベントが行われました。
また、台風19号による被災地支援のために行われた「砥部焼オークション」では、71個の砥部焼が出品され、多くの人々がオークションを盛り上げていました。
なお、このオークションの売上金は全額が被災地へ寄付されます。

即売会会場

会場内に多くの人が集まっている写真窯元さんとの会話を楽しむ来場者の写真
商品を見ている来場者たちの写真会場内にひしめき合う来場者たちの写真

窯元73軒が並んだ即売会会場には多くの人が訪れました。

絵付け体験と町産品・グルメゾーン

絵付けをする女の子の写真グルメゾーンで休憩する多くの来場者たちの写真

絵付け体験や町産品の購入を子どもから大人まで楽しんでいました。