ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 映像ニュース > 地域生活支援センターひとやすみ1周年記念事業(映像ニュース)

地域生活支援センターひとやすみ1周年記念事業(映像ニュース)

印刷用ページを表示する掲載日:2017年6月1日更新

地域生活支援センターひとやすみ1周年記念事業「友近890ライブ」

ひとやすみ1周年記念事業「友近890ライブ」の動画は、下記からご覧になれます。

890が手拍子している写真シンガーソングライター友近890ライブ [その他のファイル/22.79MB]

動画の紹介

4月12日、地域生活支援センターひとやすみで、1周年記念事業が行われました。
1周年を記念して、シンガーソングライターの友近890(やっくん)のライブを催し、多くの人が訪れました。

友近890は、歌いながら書道をする日本唯一のシンガーソングライターで、日本全国を周ってライブをしています。
人生に悩んでいたとき自分を助けてくれた歌で、今度は自分が誰かを元気に、笑顔にしたいと28歳から音楽活動を始めたと熱く語ってくれました。

「本気でやっていればいつか夢はかなう!夢は見るものではなく、かなえるものだった!!」

890の言葉と歌で、会場には笑顔があふれていました。

写真で紹介

ライブの会場には多くの人が集まっていました砥部焼大使の名刺を掲げる890

友近890は砥部焼大使もされています。
全国に砥部焼ファンがいるのだと笑顔で話してくれました。

自分で「愛」という文字を書いた扇子を持つ890890オリジナル扇子が景品のじゃんけん大会

書道家の一面も持つ890。書道名、友近燧山(スイザン)としてもご活躍中です。
このライブでは直筆の「愛」という文字を入れた扇子を、じゃんけん大会の勝者にプレゼントしてくれました。

歌いながら書き上げた「夢」という字を見せてくれる890

歌いながら書き上げた文字は「夢」。
デビューして8年。今年で日本6周目。目標は紅白歌手!夢に向かって驀進中の友近890!!
ライブは大盛り上がりでした!