ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
|四国・愛媛・あそびべ、とべ。 > 新型コロナワクチン接種 > 「新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎」についての10代・20代の男性と保護者へのお知らせ

「新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎」についての10代・20代の男性と保護者へのお知らせ

印刷用ページを表示する掲載日:2022年1月11日更新

厚生労働省から、「新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について」のお知らせがありました

10代・20代の男性では、 モデルナ社製のワクチンよりファイザー社製のワクチンの方が、心筋炎・心膜炎が疑われた報告の頻度が低い傾向が見られたとのことです。

厚生労働省リーフレット「新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について(10代・20代の男性と保護者の方へのお知らせ)」 [PDFファイル/562KB]

新型コロナワクチンQ&A<外部サイト><外部リンク>

10代・20代の男性で心筋炎・心膜炎が心配な場合、1回目にモデルナ社製のワクチンを接種した人が、2回目の接種にファイザー社製ワクチンを接種することが可能になりました

1回目にモデルナ社製のワクチンを接種した10代・20代の男性のうち、心筋炎・心膜炎が心配で、2回目の接種にファイザー社製ワクチンを希望する人は、初回接種(1回目・2回目)ができる医療機関に相談のうえ、接種の予約をしてください。

初回接種(1回目・2回目)ができる医療機関は、初回接種(1回目・2回目)のご案内をご覧ください。

10代・20代の男性も、引き続きワクチンの接種をご検討ください

新型コロナウイルス感染症に感染した場合にも、心筋炎・心膜炎になることがあります。新型コロナウイルス感染症による心筋炎・心膜炎の頻度に比べると、ワクチン接種後に心筋炎・心膜炎になる頻度は低いことがわかっています。新型コロナワクチンは、発症予防効果などの接種のメリットが、副反応などのデメリットよりも大きいことが確認されており、現在接種がすすめられています。しかし、ワクチン接種は、あくまでも本人の意思に基づき接種するものとなっていますので、十分検討し、接種するかどうかをご自身で判断してください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)