ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
|四国・愛媛・あそびべ、とべ。 > 新型コロナワクチン接種 > 18歳以上59歳以下で基礎疾患がある人の接種券送付申請

18歳以上59歳以下で基礎疾患がある人の接種券送付申請

印刷用ページを表示する掲載日:2022年7月29日更新

4回目の接種を希望する「18歳以上59歳以下で基礎疾患がある人」や「重症化リスクが高いと医師が認める人」は、接種券の送付申請をお願いします。

申請が必要な人

18歳以上59歳以下の人で、「基礎疾患の範囲など」に該当する人

  • 接種を希望する人は、接種券の送付申請をする前に主治医と相談してください。
  • 接種前の予診の際に、医師が予診票の質問事項を見て基礎疾患があることなどを確認します。
  • 「基礎疾患があること」や「重症化リスクが高いこと」の証明書(診断書や身体障害者手帳など)は必要ありません。
  • ご自身が「基礎疾患に該当すること」や「重症化リスクが高いこと」などは、主治医でなければ判断できませんので、主治医に確認してください。

基礎疾患の範囲など

1.以下の病気や状態で、通院・入院している人

  • 慢性の呼吸器の病気
  • 慢性の心臓病(高血圧を含む)
  • 慢性の腎臓病
  • 慢性の肝臓病(肝硬変等)
  • インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病または他の病気を併発している糖尿病
  • 血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く)
  • 免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む)
  • ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
  • 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
  • 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
  • 染色体異常
  • 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、または自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)

2.基準(BMI30以上)を満たす肥満の人

  • BMI(Body Mass Index)は肥満指数
  • 肥満度を表す指標として国際的に用いられている体格指数で、[体重(キログラム)]÷[身長(メートル)の2乗]で求められます(身長はセンチメートルではなくメートルで計算します)。
  • BMIが30を超えると、高度な肥満としてより積極的な減量治療を要するものとされています。
  • 詳しくは、e-ヘルスネット(厚生労働省)<外部サイト><外部リンク>をご覧ください。

3.新型コロナウイルス感染症にかかった場合の重症化リスクが高いと医師に認められた人

  • ご自身が「重症化リスクが高いこと」に該当するかについては、主治医でないと判断できません。
  • 接種券の送付申請をする前に主事医と相談してください。

申請方法

砥部町コールセンターに電話し、申請内容を伝えてください。

(注意)3回目接種後に転入した人・海外等で接種をした人

砥部町に転入する前に3回目接種を受けた人で、4回目接種を希望する人は、接種券の発行申請をしてください。

詳しくは、追加接種(4回目)のご案内をご覧ください。

申請内容

  • 3回目の「予防接種済証」に記載している接種券番号
  • 氏名
  • 生年月日
  • 日中連絡が取れる電話番号

予防接種済証の画像

砥部町コールセンター

電話番号:089-907-5155

  • 月曜日から金曜日
  • 9時から19時
  • 祝日と休日は受け付けていません

電話での問い合わせができない場合は、ファックスでお問い合わせいただけます。

ファックス番号:089-907-5159(必ず連絡先を記入してください。)

接種券の発送時期

  • 3回目の接種日から5か月を迎える日の前月末までに発送します。
  • 3回目の接種日から5か月が経過している場合は、随時発送します。