ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
|四国・愛媛・あそびべ、とべ。 > 新型コロナワクチン接種 > 乳幼児接種(生後6か月から4歳まで)

乳幼児接種(生後6か月から4歳まで)

印刷用ページを表示する掲載日:2024年1月4日更新

接種を受ける際の同意

新型コロナワクチン接種を受けることは強制ではありません。

予防接種の効果と副反応のリスクの双方についてしっかり情報提供が行われた上で、接種を受ける方の同意がある場合に限り、自らの意思で接種を受けていただいています。

ただし、16歳未満のお子さまの場合は、原則、保護者(親権者または後見人)の同伴と予診票への保護者の署名が必要となり、保護者の同意なく接種が行われることはありません。

詳しくは、新型コロナワクチンQ&A<外部サイト><外部リンク>をご覧ください。

乳幼児・小児の基礎疾患の範囲

お子さまに基礎疾患があるときなど、ワクチンについての疑問や不安があるときも、かかりつけ医によく相談してください。

接種スケジュール

令和5年秋開始接種(追加接種)

【令和5年9月20日以降】
初回接種を完了した人が、「令和5年秋開始接種」としてワクチンを1回接種することができます。

初回接種(1・2・3回目)

初回接種の完了には、3回の接種が必要です。

ワクチン接種事業は令和6年3月31日まで実施されますが、1回目の接種から3回目の接種まで11週間以上の期間が必要であり、実際の接種日は医療機関等で異なるためご注意ください。

接種概要

接種対象者

生後6か月から4歳までのお子さま

実施期間

令和6年3月31日まで

接種費用

無料

接種間隔

接種間隔の詳細
初回接種(2回目接種)初回接種(3回目接種)追加接種(4回目)
1回目接種から通常3週間2回目接種から8週間以上前回接種から3か月以上

※2回目接種は1回目接種から3週間経過した日以降、3回目接種は2回目から8週間経過した日以降に接種します。

※1回目の接種からの間隔が3週間を超えた場合、または2回目の接種からの間隔が8週間を超えた場合は、できるだけ早く2回目または3回目の接種を受けてください。

※1回目の接種時に4歳だったお子さまが、2回目以降の初回接種時に5歳を迎えた場合、2回目以降の初回接種でも乳幼児用ワクチンを接種します。

※追加接種は前回接種から3か月以上経過した日以降に接種します。

使用するワクチン

ファイザー社の乳幼児用ワクチン(XBB)

接種券の発送

令和5年秋開始接種

11月17日から随時発送

初回接種(1・2・3回目)

令和5年6月生まれの方まで発送済み。

※今後の国の方針等により発送を調整します。

接種する前に転入した場合

転入後に接種を希望する人は、接種券の発行申請をしてください。

申請は、砥部町に転入した日から受け付けます。

申請書

申請先

砥部町保健センター

  • 〒791-2120 伊予郡砥部町宮内1368番地
  • 電話番号 089-962-6888
  • ファックス番号 089-962-6891
  • 受付時間:8時30分から17時15分まで(平日)

Web申請

厚生労働省のウェブサイト(コロナワクチンナビ)で、砥部町に申請してください。

接種場所・日時・予約方法

町内

接種場所

小泉小児科(拾町281番地2)

接種日時

接種日時
初回接種1回目初回接種2回目初回接種3回目接種時間
1月13日2月3日3月30日

午前8時40分から8時50分

※追加接種は、初回接種の各回数と同日同時刻で実施します。

予約方法

砥部町保健センター
  • 受付時間:平日8時30分から17時15分まで
  • 番号をよくご確認の上、電話してください。
  • 電話:089-962-6888
  • ファックス:089-962-6891
Web予約

基礎疾患があり、砥部町外に「かかりつけ医」がいる場合

「基礎疾患があり、主治医の下で接種する必要がある人」は、接種を希望する自治体への届出は不要で、砥部町外の「かかりつけ医」で接種を受けることができます。

詳しくは、住所地外接種の申請をご覧ください。

接種にあたっての注意点

  1. 乳幼児用ワクチンは他のコロナワクチンと異なり、3回接種で初回接種が完了となります。
  2. 2回目接種は1回目接種から3週間経過した日以降、3回目接種は2回目から8週間経過した日以降に接種します。
  3. 1回目の接種時に4歳だったお子さまが、2回目以降の接種時に5歳を迎えた場合、2回目以降の初回接種でも乳幼児用ワクチンを接種します。
  4. 新型コロナワクチンは、他のワクチン(インフルエンザワクチンを除く)との接種の間隔を前後13日あける必要があります。
  5. 定期接種との接種間隔に注意する必要がありますので、不安がある場合は、かかりつけ医に相談するなど、計画的な接種を検討してください。

接種の際には、保護者(親権者)または後見人の同伴が必要です

保護者が同伴することができない場合は、お子さまの健康状態を普段から熟知する親族等で適切な方が、保護者から委任を受けて同伴することが可能です 。

接種を希望するお子さまの「新型コロナワクチン接種希望書」自署欄

お子さまが接種を希望する場合、予診票の 「新型コロナワクチン接種希望書」 欄に保護者の署名が必要です。予診票に保護者の署名がなければ接種を受けることはできません。

接種後に副反応が起きた際の健康被害救済制度

予防接種を受けた人に健康被害が生じた場合、その健康被害が接種を受けたことによるものであると厚生労働大臣が認定したときは、予防接種法に基づく給付(医療費等の給付)が行われます。

請求には、予防接種を受ける前後のカルテなど、必要となる書類があります。必要な書類は種類や状況によって変わりますので、砥部町保健センターにご相談ください。

制度の詳細は、厚生労働省ホームページ「予防接種健康被害救済制度」<外部サイト><外部リンク>をご覧ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)