ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 生活環境課 > 平成29年度狂犬病予防集合注射について

平成29年度狂犬病予防集合注射について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年3月12日更新

平成29年度集合注射

 町では、毎年4月頃地区ごとに狂犬病予防注射を実施しています。
 登録の手続きをしている人には、はがきで個別通知をします。
 都合の悪い人や、犬を抑える自信のない人は、動物病院で受けることができます。
 なお、未登録の人は狂犬病予防注射を受けるまでに登録してください。(集合注射の会場で、登録手続きができます。)

集合注射の料金について

 狂犬病予防集合注射 … 3,000円(集合注射料2,450円+注射済票交付手数料550円)

 犬の登録 … 3,000円(犬の生涯に1回のご登録。既にご登録いただいている犬は必要ありません。)

平成29年度の集合注射日程表

  • 登録内容に変更がある場合は、案内ハガキの該当箇所を訂正し、受付の際にお申し出ください。
  • 注射の際には飼い主が犬を押さえる必要があります。犬を押さえられない場合には、注射をお断りさせていただく場合があります。
  • 事故防止のため首輪とリード(つなぎひも)を必ず着用してください。
  • 対象地区以外でも接種することができます。
  • ふんの始末ができるよう道具をお持ちいただき、ふんは必ず持ち帰って処理してください。
 
月日時間場所該当地区
4月12日(水曜日) 9時00分~ 9時10分八倉集会所 八倉
 9時15分~ 9時30分重光集会所 拾町・重光・田ノ浦
 9時35分~ 9時50分麻生集会所 三角・麻生
 9時55分~10時10分八瀬集会所 八瀬・県団地
10時15分~10時30分(新)高尾田集会所 高尾田
10時35分~10時45分上野団地公園 上野
10時50分~11時05分南ヶ丘三角公園 南ヶ丘・南ヶ丘北
11時10分~11時20分老人憩いの家 原町・上原町
13時10分~13時25分宮内集会所 宮内
13時30分~13時45分山並集会所 山並
13時50分~14時00分頭ノ向集会所 頭ノ向
14時05分~14時20分永立寺集会所 永立寺
14時25分~14時40分さかえ集会所 さかえ
14時45分~15時00分千足集会所 千足
4月13日(木曜日) 8時50分~ 9時00分大角蔵集会所 大角蔵
 9時05分~ 9時15分七折集会所 七折
 9時20分~ 9時35分川井集会所 川井・川井団地
 9時40分~ 9時50分大畑集会所 大畑
 9時55分~10時05分あかがね集会所 あかがね
10時15分~10時25分上南台集会所 上南台
10時30分~10時40分幸田集会所 幸田
10時45分~11時05分向南台集会所 向南台
11時10分~11時40分北川毛集会所 北川毛・富士
13時20分~13時30分大平集会所 大平
13時45分~14時00分老人福祉センター 客・中通・上ノ山・戎・射場
14時10分~14時25分外山集会所 外山・鵜ノ崎
14時30分~14時50分五本松集会所 五本松
14時55分~15時10分天神中央公園(B公園) 天神
15時15分~15時25分大谷集会所 大谷
15時30分~15時40分久保田集会所 久保田
4月14日(金曜日) 8時50分~ 9時00分岩谷口集会所 岩谷口
 9時05分~ 9時15分岩谷集会所 岩谷
 9時20分~ 9時30分川下集会所 川下
 9時35分~ 9時45分千里地区公民館 二ツ木・川上・川中
 9時50分~10時00分万年集会所 万年・千里
10時15分~10時20分満穂集会所 満穂
10時30分~10時45分玉谷集会所 玉谷
10時50分~11時05分玉谷小体育館 大内野
11時10分~11時20分篠谷集会所 篠谷
11時35分~11時45分仙波奥集会所 仙波
13時10分~13時20分多居谷集会所 多居谷
13時35分~13時45分中野川集会所 中野川
14時00分~14時05分高市谷集会所 高市
14時10分~14時15分高市集会所 高市
14時35分~14時50分ひろた交流センター 総津

昨年度より時間・場所を変更している箇所がありますので、十分注意してください。
※高尾田地区については、新しい集会所で行いますので、新集会所へお集まりください。

狂犬病とは?

 狂犬病は恐ろしい病気で、犬に限らず人を含めた全てのほ乳類が感染し、発症するとほぼ100%死に至ります。唾液中に狂犬病ウイルスが多く含まれ、咬まれたときに他の動物にうつります。そして、傷口近くの神経を伝って脳へ侵入し、興奮・麻痺・けいれんを起こします。
 この病気は症状があらわれてしまうと有効な治療方法がなく、現在でも世界で年間3万~5万人が命を落としています。日本では現在発生はありませんが、狂犬病を日本に入れない、広めないためには、犬の狂犬病予防注射を徹底させることが重要なのです。

犬の具合が悪い場合、狂犬病予防注射はしなくてもいいの?

 病気などの理由で注射できない場合には、まずかかりつけの動物病院へ連れていって、獣医師の判断を仰いでください。注射ができないと獣医師が判断しましたら、犬の体調がよくなってから注射しましょう。
 また、室内犬だからといって注射をしなくてもよいということではありません。