ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 生活環境課 > ヒアリとアカカミアリにご注意ください

ヒアリとアカカミアリにご注意ください

印刷用ページを表示する掲載日:2017年8月2日更新

ヒアリとアカカミアリの対応方法

強い毒をもつ「ヒアリ」が、6月9日に国内で初めて兵庫県尼崎市で確認されました。本県では、7月26日に四国中央市で「ヒアリ」に比べて毒性は低いものの、人に危害のある「アカカミアリ」が確認されました。

現時点では、コンテナが船から陸揚げされた限られた場所での確認にとどまっています。

 

次の点に注意しましょう。

  1. 刺激(アリを踏もうとしたり、巣を壊したりなど)すると刺される場合があります。
  2. 生息している可能性があるような場所(緑地帯の土や芝生の土など)には安易に手を入れないようにしてください。
  3. 疑われるような個体や巣を見つけた際は、刺激しないで、役場生活環境課に連絡を入れてください。

 

生活環境課環境衛生係☎(962)7446

 

なお、愛媛県のホームページから詳細やヒアリとアカカミアリの写真を閲覧いただけます。

危険な特定外来生物「ヒアリ」と「アカカミアリ」について(愛媛県HPへリンク)<外部リンク>

ヒアリの生態…体色は赤茶色の南米原産の小型のアリで、体長は2.5ミリから6ミリと大きさにバラつきがあります。農耕地や公園など開放的な草地・裸地に土で直径25~60センチ、高さ15~50センチのアリ塚(巣)を作ります。攻撃性が強く、刺激するとお尻の毒針で刺される場合があります。

アカカミアリの生態…体色は赤褐色で、頭部は褐色。体長は3ミリから5ミリ。亜熱帯地域の裸地や草地などの開けた環境に生息し、土中に営巣します。雑食性で、甘露や植物の種などを餌とし、水に浮かんで集団で移動するなど拡散の能力が高いです。