ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 生活環境課 > 家庭から出る廃油(食用油)の回収

家庭から出る廃油(食用油)の回収

印刷用ページを表示する掲載日:2017年4月1日更新

ごみの減量化や河川の水質保全を目的に、廃油の拠点回収を行っています。
回収した廃油は、バイオディーゼル燃料に精製され、軽油の代替燃料として利用されています。

廃食油回収ボックス

回収する油の種類

植物性食用油で液状のもの(※使用期限は問いません。)

  • 菜種(キャノーラ)
  • 大豆
  • コーン
  • サンフラワー(紅花)
  • ひまわり
  • ゴマなど

回収できない油の種類

  • バター、マーガリンなど動物性ラードや固形状のもの
  • エンジンオイルや灯油
  • 凝固剤で固めた油など

回収場所と回収方法

回収場所と回収方法
回収場所回収方法

役場生活環境課

油の空き容器やペットボトルなどに入れて持ち込み、
回収ボックスに移しかえてください。
※容器はお持ち帰りください。

中央公民館

油の空き容器やペットボトルなどに入れて持ち込み、
回収ボックスに移しかえてください。
※容器はお持ち帰りください。

ひろた交流センター

油の空き容器やペットボトルなどに入れて持ち込み、
回収ボックスに移しかえてください。
※容器はお持ち帰りください。

Dcmダイキ砥部店

油の空き容器やペットボトルなどに入れて持ち込み、
容器のまま回収ボックスへ入れてください。

Dcmダイキ宮内店

油の空き容器やペットボトルなどに入れて持ち込み、
容器のまま回収ボックスへ入れてください。

廃食油をだすときの注意点

  • 天かすなどの不純物は、できるだけ取り除いてください。
  • 回収する油の種類を守ってください。 回収できない油や他の物が混ざると、精製できません。
  • 回収ボックスは店舗や施設内に設置していますので、営業・開館時間内に利用してください。