ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 介護福祉課 > 要支援1または要支援2の介護認定を受けた人へ

要支援1または要支援2の介護認定を受けた人へ

印刷用ページを表示する掲載日:2014年11月19日更新
  • 要支援1または要支援2の介護認定を受けた人は、介護予防サービスを受けるための契約を、地域包括支援センターと行う必要があります。(要介護1以上の人は、通常この契約を居宅介護支援事業所と行っています。)
  • その後、介護予防サービス計画を作成します。この計画は、利用者本人が自分で介護予防の目標を立てて実行するために、どのようなサービスを利用するかを考える、具体的な計画です。
  • 利用者はこの計画作成を、地域包括支援センターのケアマネジャーに依頼するか、居宅介護支援事業所のケアマネジャーに依頼するかを、選択します。
  • 要支援1または要支援2の判定を受ける前にも介護認定を受けていた人は、地域包括支援センターと相談の上、同じケアマネジャーに引き続き関わってもらうことができます。
   詳細ページ⇒ 地域包括支援センターとは