ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 保険健康課 > 高額療養費貸付制度

高額療養費貸付制度

印刷用ページを表示する掲載日:2011年2月1日更新

 国民健康保険では、高額な医療費に対する資金の貸付(無利子)を世帯主に対し行っています。ただし、国民健康保険税を滞納している世帯の人は、原則として利用することができません。
 貸付を利用する人は、申請書や添付書類などが必要となりますので、保険健康課保険年金係へ問い合わせてください。

貸付を受けることができる人

 診療時において国民健康保険の加入者であり、高額療養費の支給見込みのある人

貸付額

 高額療養費支給予定額の9割(1,000円未満は切り捨て)以内の額

貸付金の返済

 高額療養費の支給時に返済してもらいます。(診療月の3カ月後以降)

必要な書類

  • 印鑑
  • 健康保険証
  • 医師の発行する診療報酬内訳書またはこれに代わる書類