ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 保険健康課 > 国民健康保険の給付が受けられないとき

国民健康保険の給付が受けられないとき

印刷用ページを表示する掲載日:2011年2月1日更新

 次のような場合は、健康保険証を提示しても保険給付が受けられず、全額自己負担となります。

病気とみなされないもの

  • 健康診断や人間ドック
  • 予防注射
  • 正常な妊娠・分娩
  • 経済的理由による妊娠中絶
  • 歯列矯正
  • 軽度のわきが、しみなど
  • 美容整形

他の保険が使えるとき

  • 仕事中や通勤中の病気やけが(雇用主が負担すべきものであり、労災保険の対象となります。)
  • 以前勤務していた職場の医療保険が使えるとき

国民健康保険の給付が制限されるとき

  • 故意の犯罪行為や故意の事故
  • けんかや泥酔などによる傷病
  • 医師や保険者の指示に従わなかったとき