ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 保険健康課 > ジェネリック医薬品(後発医薬品)について

ジェネリック医薬品(後発医薬品)について

印刷用ページを表示する掲載日:2016年5月17日更新

 ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは

 ジェネリック医薬品(後発医薬品)は新薬(先発医薬品)の特許期限が切れた後に、国の一定基準のもと、同じ有効成分で、効能効果がほぼ同じものとして承認を受け販売される医薬品です。
 新薬と比べて研究費用が少ないことなどから、薬の値段が安く、医療費の削減や患者の自己負担の軽減につながります。
 ジェネリック医薬品を希望する場合は、かかりつけの医師または薬剤師へ意思表示をしてください。

 ○関連情報リンク
  厚生労働省ホームページ「ジェネリック医薬品Q&A」<外部リンク>(外部リンク)