ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 農林課 > 農地中間管理事業

農地中間管理事業

印刷用ページを表示する掲載日:2014年12月9日更新

農地中間管理事業とは

農地中間管理事業とは、愛媛県から農地中間管理機構として指定を受けた公益財団法人えひめ農林漁業振興機構が、農地の貸付希望者から借り受けた農地を、借受希望者に貸し付けることにより、経営規模の拡大や経営の効率化を進めていくものです。

 詳細はこちら
 公益財団法人えひめ農林漁業振興機構ホームページ 農地中間管理事業(外部リンク)<外部リンク>

農地の借受を希望する人 

今後、えひめ農林漁業振興機構が借受希望者をリスト化してホームページで公表します。
なお、第3期の募集期間は平成27年1月5日から平成27年2月6日までです。

農地の出し手に対する支援(機構集積協力金)

この事業を活用することにより、農地の出し手に対して機構集積協力金が交付される場合があります。なお、機構集積協力金には、以下の3つの協力金があります。

地域集積協力金

「人・農地プラン」に基づき、えひめ農林漁業振興機構にまとまった農地を貸し付けた地域に対し、協力金を交付します。

経営転換協力金

農業部門の減少により経営転換する農業者やリタイアする農業者、農地の相続人が、えひめ農林漁業振興機構へ自作地を貸し付け、その後、農地が機構から受け手に貸し付けられた場合、協力金を交付します。

耕作者集積協力金

えひめ農林漁業振興機構の借受農地等に隣接する農地の所有者や耕作者が、機構へその隣接する農地を貸し付け、その後、農地が機構から受け手に貸し付けられた場合に協力金を交付します。

 詳細はこちら
 農地の出し手に対する支援 [PDFファイル/199KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)