ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 地域振興課 > 公的機関を名乗る「医療費還付金」詐欺が増加!

公的機関を名乗る「医療費還付金」詐欺が増加!

印刷用ページを表示する掲載日:2015年10月14日更新

近年、医療費の返還を名目に金を振り込ませる「還付金詐欺」などの特殊詐欺が、県内で多発しています。

役場職員を名乗って電話があり、「医療費の過払い分が返還されるので書類を送ったが、期日を過ぎても返信が無いので電話した。期日を過ぎているので書類の再送付はできない。直接、社会保険事務所に電話して手続きするように」とフリーダイヤルに電話するように言われた。
その後に電話をすると、次のような対応をされ、被害に遭う。

  1. 今日中に手続きが必要とせかされる。
  2. 「還付金を振り込む」と、お客様番号(6桁)を教えられ、携帯番号とキャッシュカードを持って、スーパーやコンビニなどのATMヘ行くように指示される。
  3. 再度、ATM前から電話をさせ、振り込み操作をさせられる。

被害に遭わないためには

役場からこのような電話をすることはありません。
特に機械操作に不慣れな高齢者が狙われていますので、十分注意してください。

【相談窓口】

相談先住所電話番号相談時間など
消費者ホットライン

188

平日は、砥部町または愛媛県に転送されます。
土曜日、日曜日、祝日の10時から16時の間は、独立行政法人 国民生活センターで受け付けます。(年末年始は除く)

砥部町役場消費者相談窓口砥部町宮内1392番地(企画財政課内)089-962-23679時~17時(土曜日、日曜日、祝日、年末年始を除く)
木曜日と第3金曜日は、専門の消費生活相談員が相談に応じます。

愛媛県消費生活センター

松山市山越町450番地

089-925-37009時~19時(土曜日、日曜日、祝日、年末年始を除く)

松山南警察署

松山市北土居町426番地1

089-958-0110 

過去の相談事例