ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 戸籍税務課 > 公的年金から町・県民税を天引きする制度(特別徴収制度)

公的年金から町・県民税を天引きする制度(特別徴収制度)

印刷用ページを表示する掲載日:2011年2月1日更新

 公的年金支給時に、町・県民税を天引きする制度です。
 公的年金受給者の納税の利便性の向上や、市町村における徴収の効率化を図る観点から導入されました。

対象となる人

 町・県民税の納税義務者のうち、前年中に公的年金などの支払いを受けた人で、当該年度の初日(4月1日)現在、砥部町に住所があり、国民年金法に基づく老齢基礎年金などの支払いを受けている65歳以上の人。

 ただし、次の場合などは、対象となりません。

  • 老齢等年金給付の年額が18万円未満である場合
  • 当該年度の特別徴収税額が老齢等年金給付の年額を超える場合
  • 当該年度の1月2日以降に砥部町から転出した場合

対象となる税額

 公的年金などに係る所得割額および均等割額