ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 暮らしの情報 > 住民票・戸籍・パスポート・マイナンバー > 住民票 > マイナンバー(個人番号)の通知カードを紛失したとき

マイナンバー(個人番号)の通知カードを紛失したとき

印刷用ページを表示する掲載日:2018年4月20日更新

マイナンバー(個人番号)の通知カードを自宅外で紛失した場合は、まず警察へ遺失の届け出をお願いします。
その後、通知カードの再交付を申請するか、通知カードの再交付を受けずにマイナンバーカード(個人番号カード)を申請することができます。

※通知カードとマイナンバーカードは、両方同時に持つことはできません。

マイナンバーが急ぎで必要であれば、まずマイナンバーが記載された住民票をとって確認し、併せて通知カードまたはマイナンバーカードを申請されることをおすすめしています。

手続きには本人確認書類が必要になります。「戸籍届け出・住民異動届け出の本人確認」のページを参考にお持ちください。

以下、それぞれの手続き方法をご案内します。

通知カードの再交付を申請するとき

通知カードの見本の写真

通知カードは即日再交付することができません。再交付申請受付の3~4週間後にご自宅へ簡易書留郵便でお送りします。
通知カードについて、詳しくはこちらをご覧ください。
総務省「通知カードについて」のページ〈外部サイト〉<外部リンク>

本人による申請で必要なもの

  • 通知カード再交付申請書(戸籍税務課でお渡しします)
  • 通知カード紛失届(戸籍税務課でお渡しします)
    • 通知カードの紛失を証明する書類家の中で紛失された場合は必要ありません。
    • 外で紛失された場合は、遺失を届け出た警察署の連絡先と遺失届受理番号(これをもって警察へ照会します)
    • 火事などで焼失してしまった場合は、消防署が発行する罹災証明書
  • 本人確認書類(原本に限り、コピーは不可です)
    • 運転免許証、旅券、住民基本台帳カード(写真付き)など、有効である顔写真付きの公的な身分証明書1点以上
    • 上記をお持ちでない人は、保険証、年金手帳など、「氏名・生年月日」または「氏名・住所」が記載された書類2点以上
  • 再交付手数料1件につき500円
     

本人が15歳未満または成年被後見人のとき

ご本人による申請で必要なものに加え、以下のものが必要です。

  • 親権者であることが確認ができる戸籍謄本で発行から3カ月以内のもの(本籍地が砥部町の人、住民票が同一世帯で親子の確認ができる場合は必要ありません)
  • 成年後見人などである資格を証明する書類で発行から3カ月以内のもの
  • 代理人の本人確認書類(原本に限り、コピーは不可です)
    • 運転免許証、旅券、住民基本台帳カード(写真付き)など、有効である顔写真付きの公的な身分証明書1点以上
    • 上記をお持ちでない人は、保険証、年金手帳など、「氏名・生年月日」または「氏名・住所」が記載された書類2点以上

※再交付する人の本人確認書類についても、原本を預かられて来てください。
 

代理人による申請で必要なもの

ご本人による申請で必要なものに加え、以下のものが必要です。
必要書類は本人に記入していただく必要がありますので、一度書類を取りに来てください。

  • 委任状
  • 代理人の本人確認書類(原本に限り、コピーは不可です)
    • 運転免許証、旅券、住民基本台帳カード(写真付き)など、有効である顔写真付きの公的な身分証明書1点以上
    • 上記をお持ちでない人は、保険証、年金手帳など、「氏名・生年月日」または「氏名・住所」が記載された書類2点以上

※再交付する人の本人確認書類についても、原本を預かられて来てください。 

マイナンバーカード(個人番号カード)を申請するとき

マイナンバーカードの見本 

カードの作成には、申請手続きから3~4週間の時間を要します。

マイナンバーカードについて、詳しくはこちらをご覧ください。
総務省「マイナンバーカードについて」のページ〈外部サイト〉<外部リンク>

カードの申請手続きができるのは本人または法定代理人(本人が15歳未満または成年被後見人の場合)に限られます。
申請方法と受け取り方法がいくつかありますので詳しくは下記のホームページを参考にしてください。
できたカードを受け取るとき、ご本人が病気、身体の障害、その他やむをえない理由により本人が受け取れない場合に限り、代理人による受け取りが可能です。その場合、下記以外にも必要なものがあります。
総務省「マイナンバーカード交付申請」のページ〈外部サイト〉<外部リンク>
総務省「マイナンバーカードの受け取り」のページ〈外部サイト〉<外部リンク>

必要なもの

  • 個人番号カード交付申請書兼電子証明書発行/更新申請書
    • こちらは、通知カードの下部に付属していた申請書です。
    • 通知カードと併せて紛失している人は戸籍税務課でお渡しします。上記ページからダウンロードもできます。
    • 申請書をお持ちの人でも、住所や名前に変更があった人はその申請書は使用できません。
    • 以前のIDやQRコードも使用できません。
  • 通知カード紛失届(戸籍税務課でお渡しします)
  • 通知カードの紛失を証明する書類
    • 家の中で紛失された場合は必要ありません。
    • 外で紛失された場合は、遺失を届け出た警察署の連絡先と遺失届受理番号(これをもって警察へ照会します)
    • 火事などで焼失してしまった場合は、消防署が発行する罹災証明書
  • 本人確認書類(原本に限り、コピーは不可です)
    • 運転免許証、旅券、住民基本台帳カード(写真付き)など、有効である顔写真付きの公的な身分証明書1点以上
    • 上記をお持ちでない人は、保険証、年金手帳など、「氏名・生年月日」または「氏名・住所」が記載された書類2点以上
  • 住民基本台帳カード(お持ちの人のみ)
  • マイナンバーカード規格の写真(パスポート用と同じ)
     

マイナンバーが記載された住民票を取得するとき

本人または同一世帯の方による申請で必要なもの

  • 住民票の写し等交付申請書(窓口用) [PDFファイル/119KB](ダウンロードもできます)
  • 申請者の本人確認書類(原本に限り、コピーは不可です)
    • 運転免許証、旅券、住民基本台帳カード(写真付き)など、有効である顔写真付きの公的な身分証明書1点以上
    • 上記をお持ちでない人は、保険証、年金手帳など、「氏名・生年月日」または「氏名・住所」が記載された書類2点以上
  • 交付手数料1通につき300円
     

 上記以外の方による申請で必要なもの

  • 住民票の写し等交付申請書(窓口用) [PDFファイル/119KB](ダウンロードもできます)
    • ※右半分が委任状になっておりますので、必ず本人に記入してもらってください。
  • 封筒(マイナンバーが記載された住民票は、代理の人にお渡しすることができません。本人の住所地へ郵送します)
  • 切手(基本は82円です)
  • 代理人の本人確認書類(原本に限り、コピーは不可です)
    • 運転免許証、旅券、住民基本台帳カード(写真付き)など、有効である顔写真付きの公的な身分証明書1点以上
    • 上記をお持ちでない人は、保険証、年金手帳など、「氏名・生年月日」または「氏名・住所」が記載された書類2点以上
  • 交付手数料1通につき300円

     

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)