ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 企画財政課 > 財政健全化判断比率・資金不足比率

財政健全化判断比率・資金不足比率

印刷用ページを表示する掲載日:2018年10月15日更新

「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」における健全化判断比率及び資金不足比率を公表します。

平成29年度

1健全化判断比率

健全化判断基準

備考

早期健全化基準

財政再生基準

実質赤字比率

14.89%

20%

6億2,818万1千円の黒字です。

連結実質赤字比率

19.89%

30%

19億1,156万5千円の黒字です。

実質公債費比率

1.5%

25%

35%

前年度1.4%(0.1ポイント増)

将来負担比率

16.3%

350%

前年度0.0%(16.3ポイント増)

2経営健全化比率

経営健全化判断基準

備考

公共下水道事業会計

資金不足

比率20%

4億81万1千円の剰余金があります。

農業集落排水特別会計

2千円の剰余金があります。

水道事業会計

4億600万5千円の剰余金があります。

平成28年度

1健全化判断比率

健全化判断基準

備考

早期健全化基準

財政再生基準

実質赤字比率

14.87%

20%

6億8,329万8千円の黒字です。

連結実質赤字比率

19.87%

30%

16億6,545万1千円の黒字です。

実質公債費比率

1.4%

25%

35%

前年度2.3%(△0.9ポイント)

将来負担比率

350%

2経営健全化比率

経営健全化判断基準

備考

公共下水道事業会計

資金不足

比率20%

3億6,157万2千円の剰余金があります。

農業集落排水特別会計

5万1千円の剰余金があります。

水道事業会計

3億5,203万円の剰余金があります。

詳細資料

 

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)