ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 企画財政課 > 民話の里「ひろた物語」

民話の里「ひろた物語」

印刷用ページを表示する掲載日:2012年12月28日更新

民話の里「ひろた物語」とは

 砥部町では、広田地域の活性化策として民話の里づくり事業に取り組んできました。このほど、民話の冊子、音声案内装置、お宝自慢の看板が完成しました。音声案内装置とお宝自慢の看板は、地図のとおり広田地域内各所に設置しています。

音声案内装置 収録民話一覧

音声装置

 各地区、国道沿いの東屋、道の駅「峡の館」に、民話を収録した音声案内装置を設置しました。今回録音された民話は、テレビ、ラジオで活躍している「らくさぶろう」さんが朗読しています。各地区の音声案内装置には、それぞれの地区の民話が3話ずつ収められています。
 また、道の駅「峡の館」には、全ての民話を収めた音声案内装置(電気式)があります。
 音声案内装置は、ハンドルを20回まわしてゼンマイを巻き、その溜めた力で発電して音声を流す仕組みになっています。音声案内装置の設置場所については、地図でご確認ください。

  峡の館  〒791-2205 愛媛県伊予郡砥部町総津162番地1
  Tel/Fax :089-969-2070

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)