ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 学校教育課 > 砥部中学校改築工事の基本設計がまとまりました

砥部中学校改築工事の基本設計がまとまりました

印刷用ページを表示する掲載日:2011年2月1日更新

 砥部中学校は、築40年が経過し、老朽化が著しく、耐震基準への適応、また教育環境への配慮などから建替えが急務となっています。 
 昨年度から、砥部中学校改築検討委員会(学校、町内小中学校PTA、中学校隣接区の代表者で組織)などによる検討を重ね、基本設計を進めてきました。
 基本設計とは、基本的な配置や規模などをとりまとめたものです。
 今後、基本設計に対するご意見やご要望を踏まえながら、実施設計を策定します。

基本設計による完成イメージ

 今後実施設計において詳細を検討するため、実際と異なる場合があります。

基本設計による砥部中学校完成イメージ

 建築概要

校舎 3階建 延べ床面積 約8,300平方メートル
体育館 3階建 延べ床面積 約2,600平方メートル

 既存校舎と体育館を解体し、ほぼ同位置に校舎と体育館を新設する計画です。
 工事中は仮設校舎をグラウンドに建築する予定です。

今後の予定(変更する可能性があります)

実施設計平成22年中完成

改築工事

平成23年7月ごろ~平成25年3月末

供用開始

平成25年4月

  完成イメージ、概略工事工程表は、今後、実施設計において詳細を検討するため、実際と異なる場合があります。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)