ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > とべファミリー・サポート・センター > サポート会員養成講習会(ファミサポ講習会)

サポート会員養成講習会(ファミサポ講習会)

印刷用ページを表示する掲載日:2017年5月12日更新

サポート会員養成講習会(ファミサポ講習会)

サポート会員養成講習会(ファミサポ講習会)とは

手を差し出している女性の絵とべファミリー・サポート・センターでは、サポートする上で必要な知識の習得や、実技指導などを行う講習会を実施しています。
サポート会員の登録をした方は、センターの実施する講習会(年間24時間程度)を受講しなければなりませんので、積極的な参加をお待ちしております。

会員の人はもちろん、会員でない人でも参加できますので、お気軽にお問い合わせください。

 

内容

  • 保育の心
  • 心の発達とその問題
  • 身体の発達と病気
  • 小児看護の基礎知識
  • 安全・事故
  • 子どもの世話
  • 子どもの遊び
  • 子どもの栄養と食生活
  • 事業を円滑に進めるために

など

受講料

無料

講習会案内

今後、開催される講習会をお知らせします。

平成29年度

第7回ファミサポ講習会

テーマ:「松前町・東温市・砥部町ファミサポ交流会」

日時:平成29年10月19日(木曜日)10時~12時

場所:松前町ファミリー・サポート・センター(松前町大字筒井710-1・松前町総合福祉センター2階)

申込締め切り:10月13日(金曜日)までにとべファミリー・サポート・センターまで申し込んでください。

講習会報告

過去に開催されたレベルアップ講習会などの内容をお知らせします。

平成29年度

第6回ファミサポ講習会

日時:平成29年9月29日(金曜日)10時~12時

場所:麻生児童館

テーマ:「ヨーグルト容器を使って遊ぼう」

講師:麻生児童館・児童厚生員

<講習会の内容・様子>

ヨーグルトの空き容器の中に、小豆やトウモロコシ、マカロニなどの口に入れても大丈夫なものを入れて、音の出るおもちゃを作って遊びました。児童館の親子クラブと一緒に活動することで、リズム遊びや絵本の読み聞かせといった児童館活動についても触れることができました。

<参加者の感想>

  • かわいい子どもたちとふれあえて癒されました。
  • 他の子どもさんとも遊べて良かったです。子どもにも良い刺激になりました。

音の出るおもちゃを作っている時の写真です。絵本の読み聞かせをしている時の写真です。

第5回ファミサポ講習会

日時:平成29年8月29日(火曜日)14時~16時

場所:町中央公民館

テーマ:「イライラとの上手な付き合い方」

講師:石井真奈先生(アンガーマネジメント協会)

<講習会の内容・様子>

アンガーマネジメントとは、アンガー(怒りやイライラ)をマネジメントする(上手につきあう)心理教育です。怒る必要のあることは上手に怒り、怒る必要のないことは怒らなくなることを目的に、実践的で分りやすい具体的なテクニックを学びました。身近な事例について参加者同士で意見を交わすなど、終始リラックスした講習となりました。

<参加者の感想>

  • 具体的な内容ですぐ実践できることがいっぱいで大変勉強になりました。
  • 講習を聞いて「伝わるしかり方」についてもっと学びたいと思いました。
  • 怒る範囲の線引きを考える内容などを聞けて良かったです。

講習を受けている時の写真です。講習を受けている時の写真です。

第4回ファミサポ講習会

日時:平成29年8月10日(木曜日)9時30分~13時

場所:町保健センター

テーマ:「病気の時の食事とクッキング」

講師:町保健センター・管理栄養士

<講習会の内容・様子>

病気の時にどのようなものを食べ、どのようなものを食べない方がよいのかを症状別に解説し、病気の回復を助ける食事について学びました。
その後、幼児の健康的な食事について参加者全員で調理実習を行い、料理の段取りや幼児の適切な食事量について学び、共に調理をして食事をする楽しさを体験しました。

<参加者の感想>

  • みんなでお話ししながら料理するのは楽しかったです。新しいレシピも教えてもらって良かったです。家でしてみます。
  • 思い切って講習を受けてよかったです。実習、戸惑うこともありましたが、結果よかったです。ごはんも美味しかった!

講話中の写真です。調理実習で作った食事の写真です。調理実習で作った食事を食べている写真です。

第3回ファミサポ講習会

日時:平成29年7月26日(水曜日)10時~12時

場所:砥部児童館

テーマ:「小麦粉ねんどで遊ぼう」

講師:砥部児童館・児童厚生員

<講習会の内容・様子>

小麦粉という身近なものを活用して、夏ならではの遊びを楽しもう!と開催しました。
小麦粉ねんどのねっとりとした感触を気に入り、手足に擦り付けたりして遊んでいる子もいれば、独特の感触に抵抗がある子もいました。アレルギーがなければ口にいれても安心してねんど遊びを楽しめる体験をしてもらえました。

<参加者の感想>

  • 色々なコーナーがあり、子どもたちがいきいきと遊べたので良かった。
  • 参加してとてもよかった。またぜひ参加したい。
  • なかなか参加する時間が取れないけれど、スキルアップになったり知らないことを学ぶ機会になるので、講習がことは助かります。

小麦粉ねんどをしている時の写真です。子どもが小麦粉ねんどをしている時の写真です。