ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 入札・契約情報 > 平成29年度入札・契約制度の改正点

平成29年度入札・契約制度の改正点

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月20日更新

平成29年度の改正点

基準最低制限価格及び低入札価格調査の調査基準価格算出方法の変更について

 4月1日から、現場管理費の額に乗じる率を10分の8から10分の9に変更します。(直接工事費等に乗じる率に変更はありません。)

(注意)ホームページで公開している砥部町契約規則は、4月1日時点で更新されませんので注意してください。

工事における社会保険等未加入業者に対する入札参加制限について

 社会保険等未加入元請業者は入札に参加することができません。

前金払及び中間前金払の上限額の撤廃について

 受注者の資金調達の円滑化を図り、工事の適正な施工を確保するため上限額を撤廃します。
 改正前 上限6000万円 → 改正後 上限 撤廃
 なお、前金払の上限率(40%以内)及び中間前金払の上限率(20%以内)は変更ありません。

共同電子入札の導入

 えひめ電子入札共同システムに参加し、入札案件は順次電子入札にて運用します。電子入札についてはこちらをご覧ください。

平成29・30年度砥部町競争入札参加資格審査申請における「町県民税の特別徴収」に関するお知らせ

 平成29・30年度の申請には、「町県民税の特別徴収の実施」が必要です。実施していない場合は、入札参加資格申請を受付しません。
 対象者:砥部町に町県民税の納税義務を有する従業員が存在する事業所(法人、個人事業主)が対象になります。.

 特別徴収については、特別徴収に関する情報はこちらをご覧下さい。

入札、契約制度の例外措置

1者入札の中止

 28年度までは、一般競争入札に限り試行的に1者でも入札を実施することとしていましたが、29年度からは指名競争入札と同様に中止します。

主任技術者及び現場代理人の兼任の特例措置について(29年度も継続運用)

 昨年から実施している現場代理人の兼任及び3,500万円以上の工事に係る主任技術者の兼任については、29年度も引続き愛媛県の特例緩和措置と同じ要件で実施します。

現場代理人

 兼任要件の緩和については、下記のとおりです。手続きについては、愛媛県の様式を準用してください。

  • 設計金額が3,500万円未満(建築7,000万円未満)の工事は、以下の要件を全て満たす場合に兼任を認めます。
    1 件数は、3件以内(ただし、町工事以外の工事と兼任する場合は2件まで)
    2 工事現場間の相互の距離が、30分以内(県工事と町工事で兼任する場合は、中予地方局建設部管内)
  • 3,500万円以上の工事に係る主任技術者の兼任が認められた工事は、2件まで兼任を認めます。
主任技術者(建設業法施行令第27条第2項の取扱)

 工事現場間の相互の間隔が10km以内の近接した場所において同一の建設業者が施工する2件の工事については兼任を認めます。なお、工事の難易度等により認めないことがあります。
 手続きについては、愛媛県の様式を準用してください。

相指名業者への下請制限の緩和(29年度も試行運用)

 受注者からの申請により、同一入札参加者(相指名業者)への下請を原則承認します。(下請については、原則通知となっていますが、相指名業者への場合は承認とします。)なお、いわゆる丸投げに該当する場合は承認しません。