ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 映像ニュース > 高校生が模擬選挙を体験(映像ニュース)

高校生が模擬選挙を体験(映像ニュース)

印刷用ページを表示する掲載日:2017年4月1日更新

松山南高校砥部分校の生徒が模擬選挙を体験

今年夏の参議院選挙から選挙権年齢が18歳以上に引き下げられることを受け、今年有権者となる高校生を対象とした選挙啓発講座が2月4日、砥部町岩谷口の松山南高等学校砥部分校で行われました。
講座は新たに有権者となる高校生にも選挙をもっと身近に感じてもらおうと砥部町選挙管理委員会が開き、3年生36人が参加しました。

講座では選挙管理委員会から、選挙の基礎知識や投票の仕方について詳しい説明が行われました。説明の後、とべぶん町の町長選挙という設定で模擬選挙が行われ、生徒は3人の候補者の選挙公報をじっくり見ながら、自らの一票を投じました。開票作業も体験し生徒は一票を投じる大切さを学んでいました。

砥部分校での「選挙啓発講座」(動画)

砥部分校での「選挙啓発講座」の動画(抜粋)は、下記の動画再生でご覧になれます。
(動画は、スマートフォンでもご覧になれます。)

模擬選挙動画トップ砥部分校「選挙啓発講座」[動画/22.53MB]

砥部分校での「選挙啓発講座」(写真)

写真左:講座を受ける生徒、写真右:候補者の選挙公報をじっくり見ます

選挙啓発講座の講義を聞く学生たち選挙啓発講座のチラシを見る男子学生

模擬投票を行う生徒

模擬投票で投票券を発見する女子生徒と受け取る女子生徒投票用紙に記入する女子生徒

投票箱に投票用紙を入れる生徒たち

開票作業も体験しました

開票作業を行う女子生徒3人