ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 映像ニュース > グランドソフトボール大会(四国地区予選)が行われました(映像ニュース)

グランドソフトボール大会(四国地区予選)が行われました(映像ニュース)

印刷用ページを表示する掲載日:2017年4月1日更新

第15回全国障害者スポーツ大会グランドソフトボール競技四国地区予選が行われました

5月10日、陶街道ゆとり公園にて、「第15回全国障害者スポーツ大会グランドソフトボール競技四国地区予選」が行われました。
四国の各県(愛媛・徳島・香川・高知)から、1チームずつ出場し、熱戦を繰り広げました。

愛媛県チームは、一回戦で高知県チームに10-0で快勝しましたが、決勝では香川県チームに5-2で敗れ、惜しくも準優勝でした。

なお、平成29年10月28日から30日に開催される「愛顔つなぐえひめ大会第17回全国障害者スポーツ大会」で、グランドソフトボールは、砥部町陶街道ゆとり公園での開催競技となっています。 

競技の紹介

グランドソフトボールをしているみきゃんのイラストプレーヤー10人(男女は問わない)のうち、全盲プレーヤーが常時4人以上出場しなければなりません。ソフトボールのルールを基本としますが、ピッチャーは全盲の選手で、キャッチャーの手ばたきなどを頼りにボールを転がします。

ボールはホームベースまでに3回以上バウンドさせなければなりません。また、全ての塁には、走者と守備用の2種類のベースが置かれ野手とランナーがぶつからないように配慮されています。

四国地区予選(写真)

出場チームの皆さんピッチャーがボールを投げた瞬間の写真

四国地区予選(動画)

「グランドソフトボール大会」の様子(抜粋)は、下記の動画再生でご覧になれます。
動画アイコングランドソフトボール大会[動画/15.93MB]