ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 映像ニュース > アジアマスターズ陸上で銅メダル「いきいき砥部大賞」(映像ニュース)

アジアマスターズ陸上で銅メダル「いきいき砥部大賞」(映像ニュース)

印刷用ページを表示する掲載日:2017年4月1日更新

アジアマスターズ陸上で銅メダル「いきいき砥部大賞」

11月17日、役場で「いきいき砥部大賞」の表彰式が行われました。受賞者は、高市の向井京子さんです。
向井さんは、岩手県で行われた、第18回アジアマスターズ陸上競技選手権大会で、やり投げで銅メダルを獲得しました。また、同大会は全日本マスターズ陸上選手権大会も兼ねた大会で、向井さんは走り幅跳びで金、60m走で銀、やり投げで銅メダルを取る活躍をしました。向井さんは「メダルは運が良かったから。この大会は参加の選手と仲良くなれるのが魅力です。」と話してくれました。

向井さんにお聞きしました。

マスターズ陸上を始めたきっかけは?
(向井さん)地区の運動会で学校の先生に勝っちゃいまして、それで走ってみようかと思いました。
今後の目標は?
(向井さん)できれば体の続く限り、70、80歳になっても続けてやっていきたいなと思っています。

「いきいき砥部大賞」授賞式の様子(写真)

町長から表彰される向井さん庁舎四季山水壁壁画の前で記念写真

大会での活躍の様子(やり投げ競技写真)

 やり投げ写真1やり投げ写真2