ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 防災・防犯情報 > 契約は慎重に

契約は慎重に

印刷用ページを表示する掲載日:2011年2月1日更新

契約について

 高齢者が悪質な訪問販売業者により、高額な住宅リフォームの契約をさせられたり、若者がキャッチセールスなどにより、高額なアクセサリー購入やエステの契約をさせられたりするなどの消費者トラブルが急増しています。
 このようなトラブルは、消費者が契約に関して十分に理解せず、業者の言われるがまま契約してしまうことが原因の一つとなっています。

契約時のチェックポイント

  • 業者から契約書を渡されたか。
  • 契約書の内容に全て目を通したか。
  • 業者の説明は信用できるか。 (不安をあおったり、過度に商品の良さを強調する説明には注意)
  • 他の信頼できる業者と比較したか。
  • 本当に必要な商品か。
  • 一人で決めず、家族など身近な人に相談したか。
  • クレジット契約の支払額に無理はないか。

うっかり契約してしまったら

 一定期間内であれば、クーリングオフができたり、業者によるうその説明などがあれば、契約の取り消しを主張できたりしますが、一度結んだ契約は、簡単には取り消せないことを、十分に理解してください。

消費生活に関する相談窓口

  詳細ページ⇒ 消費者生活相談窓口