ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 防災・防犯情報 > 業務継続計画(BCP)

業務継続計画(BCP)

印刷用ページを表示する掲載日:2017年4月1日更新

業務継続計画(BCP)とは

大規模災害発生時には、ヒト、モノ、情報、ライフライン等利用できる資源が制約されます。業務継続計画とは、そのような環境の下、優先的に実施する業務となる非常時優先業務を特定し、優先業務継続に必要な資源の確保・配分や、そのための手続き、指揮命令系統の明確化等について定めた計画です。
業務継続計画を策定し、必要な措置を行うことにより、発災直後の業務レベル向上や業務立ち上げ時間の短縮等、減災効果が期待できます。

位置付け

地域防災計画は、町・県・防災機関が連携して実施すべき予防・応急復旧・復興に至る業務を総合的に示した計画です。一方、業務継続計画(BCP)は、発災時に優先的に取り組むべき重要業務をあらかじめ抽出し、制約された資源で効率的に優先度の高い通常業務を遂行するための計画となります。
業務継続計画は地域防災計画を補い、その実効性を高める機能があるものです。

計画とマニュアルの関係図 [PDFファイル/40KB]

取り組み状況

砥部町では、平成24年度から計画作成に取り組み、砥部町業務継続計画(地震対策編)、災害対応業務マニュアル、非常時優先通常業務マニュアル(優先順位A)の策定を終えています。

策定委員会の開催状況 [PDFファイル/56KB]

砥部町業務継続計画策定委員会設置規程 [PDFファイル/179KB]

計画とマニュアル

砥部町業務継続計画(地震対策編)第1回改訂版 [PDFファイル/608KB]

災害対応業務マニュアル [PDFファイル/724KB]

非常時優先通常業務マニュアル(優先順位A) [PDFファイル/312KB]

※個別マニュアル省略

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)